読めば5倍楽しめる!「ハロプロ研修生 発表会2016 ~春の公開実力診断テスト~」徹底分析(個別予想編)。


あと数時間後にせまったハロプロ研修生実力診断テスト2016。
想定以上に熱が入ってしまい、本番直前の記事更新となってしまいましたが・・
本番後でも楽しめる内容にしたつもりなので、ぜひご覧ください!(^^)

前回の記事では総括的な分析と予想をしましたが、今回の記事では少し踏み込んで、メンバー別に選曲と意気込み動画、これまでのテスト実績などを踏まえた考察を書いてみようと思います。
みなさん盛り上がっていきますよ〜!(2014年一岡ちゃんのオマージュ)

 

前回の記事はこちら。

そして、今回考察の資料としている今年の研修生意気込み動画はこちらです。


ハロプロ研修生 発表会2016 ~春の公開実力診断テスト~ 順番発表&意気込みコメント

ひとり一言ずつ実力診断テストへの意気込みを語ってもらう動画ですが、一見お仕着せの定型文(がんばります!など)だけを一辺倒に喋っているようにみえて、よく耳を傾けるとその子独自の言葉を使っていたりして大いに個性がうかがえます。

では早速一人ずつみていきましょう。

 

1.秋山眞緒 「カラダだけが大人になったんじゃない」 Juice=Juice

去年は℃-uteの「The Power」をヘソ出し衣装で踊っていた秋山ちゃん。
2015テストで数多く見られたコドモ研修生枠の一人だった彼女ですが、あれから1年経ち、顔つきも体つきもかなりしっかりしてきました。℃-uteのツアー帯同をこなしていることもあり、1年間での伸び幅が一番大きかったのは彼女かもしれません。

意気込み動画では、出場順が1番だったことに動揺を隠せない様子がかわいいです。

「カラダだけが大人になったんじゃない」のサビ終わりは「この世の男を全部ノックノックアウト 負けないよ」です。去年「サクッと世界羽ばたくそんなPowerはいかが?」と歌った「The Power」と共通した女性像ですね。
「歌詞に「負けないよ」って言葉があるので・・」と意気込みでも語っていました。こういう世界を股にかける強い女が好きと思われる秋山ちゃん、ハロプロ的にはとても相性が好く、今後が楽しみです。


Juice=Juice『カラダだけが大人になったんじゃない』(Juice=Juice[It’s not just my body that’s grown up])(Promotion Edit)

2.高瀬 くるみ 「Moonlight night~月夜の晩だよ~..」 モーニング娘。

最初の方の順番でも「彼女なら大丈夫だな」と思わせてくれる、実力的にも精神的にもタフなイメージの強い高瀬さん。
「Moonlight night~月夜の晩だよ~..」はモーニング娘。に加入したばかりの鞘師里保ちゃんが当時実力トップメンだった高橋愛ちゃん・新垣理沙ちゃん二人に負けるとも劣らないパフォーマンスを見せて観客を圧倒させたイメージの強いこの曲。高瀬さんはその域に踏み込むつもりでしょうか。かなり野心を感じさせる選曲です。
また去年一番気合いの入った衣装を着てきてくれたことも印象深いです。金がかかっている感じがしました。今年はこのアップテンポの曲でどんな衣装を着てくれるのか楽しみです。

意気込みコメントでは「こんな高瀬くるみ見たことないと思わせるパフォーマンスをしたい」と言っています。研修生というデビュー未満の立場ですでに自分が継続的に見られている存在だと意識したコメントは、相当な自信がないとできないと思います。このままガツガツ行って、周りを蹴散らしてほしいですね。


Morning Musume Concert Tour 2011 Haru New Genesis Fantasy DX – Moonlight Night ~Tsukiyo no Bandayo~

3.小野琴巳 「赤いフリージア」 メロン記念日

今回初参加の新人枠。コメントからまだ個性はうかがえませんが、目がくりっとしていて、スタイルも良さそうです。「赤いフリージア」をどんな風に歌ってくれるか楽しみにしています。


Melon Kinenbi – Akai Freesia

 

4.井上ひかる 「サヨナラ ウソつきの私」 Berryz工房

控えめながらも着実に実力を積み重ねてきている井上さん。実力診断テストに初参加した2年前から比べると顔つきもパフォーマンス力も段違いに成長しています。

選曲は今回のセトリで唯一となるBerryz工房楽曲。
彼女は2年前もBerryz工房「大人なのよ!」を歌っています。ちなみに去年はBuono!の「泣き虫少年」。意外とベリヲタなのでしょうか・・そうは見えませんが・・。

意気込みでは「課題は表現力。指の先まで、髪の先まで綺麗に見せたい」と言っています。指の先まではよく使われる表現ですが、髪の先までとはなかなか言いません。加賀楓ちゃんのことをかなり慕っているようですが、彼女のストイックな面に影響されてこのような言葉が出たのでしょうか。なんにせよ、一見かよわいイメージのある彼女が見せてくれる骨太のステージを楽しみにしています。


Berryz工房 『サヨナラ ウソつきの私』(Berryz Kobo[Good bye to the lying me]) (MV)

 

5.児玉咲子 「夢見る15歳」 スマイレージ

新人研修生の一人。地方アイドル出身だそうです。スマイレージのデビュー曲に挑戦するそうで、やはり衣装はミニスカートなのでしょうか?


スマイレージ 「夢見る 15歳」 (MV)

6.野口胡桃 「時空を超え 宇宙を超え」 モーニング娘。

続いてこちらも新人研修生。ショートカットで、ハロプロには珍しくセンスの好いイマドキ女子の匂いがします。座右の銘は「雲外蒼天」。知的でもあります。しかも大阪府出身!近年のハロプロメンに多い「コテコテしてない大阪人枠(例.中西香奈ちゃん、尾形春水)」として新ユニットにいずれ選ばれそうな予感がします。

既にキャラの立っている彼女ですが、選曲も個性的。本人も意気込みで語るように難しい曲です。でも透明感のある感じは彼女のキャラに合っていると思います。


モーニング娘。’14 『時空を超え 宇宙を超え』(Morning Musume。’14[Beyond the time and space]) (Promotion Ver.)

7.加賀 楓 「恋ing」 モーニング娘。

キターッ!って感じです。加賀ちゃんがバラード、しかもべたべたのラブソングに挑戦とは!これを観に行くだけでも価値ありというものです。

正直、加賀ちゃんにはもうデビューしていて欲しかったです。実力診断テストは研修生にとってとてもプレッシャーのかかる公演で、それを加賀ちゃんレベルの実力者がまた挑戦するというのは心が折れても仕方のない境遇と言ってもいいんじゃないかと思います。

しかし意気込みコメントにはそのような気負いを全く感じさせません。堂々と「二連覇を目指す」と言う頼もしさ!パワフルなパフォーマンスが売りの彼女があえてバラードを歌うという選曲にも余裕すら感じさせます。
今年も期待です!


モーニング娘。『恋ING』 2009

8.前田 こころ 「SHOCK! 」℃-ute

この1年で実力も人気もぐんぐん伸びてきている注目株、前田こころちゃん。
℃-uteコンサートツアーの帯同に連続で参加している影響か、曲も前回の℃ツアー「℃an’t STOP!」でも歌われていた 「SHOCK! 」を選んできました。去年の加賀ちゃんもそうですが、℃-ute帯同の経験をこういう風に生かしてくれると℃ヲタとしては嬉しくなっちゃいますね。
去年はモーニング娘。の「好きな先輩」を歌っていた前田ちゃん。随分なイメチェンですが、意気込みで本人も「成長」という言葉を使っていたように、大人な部分を意識しての選曲なのでしょう。
どうでもいいですが、この前田こころちゃんをはじめ、研修生はおしなべて首が太くなっています。研修生、どんなレッスンをしてるんだ。


℃-ute 『SHOCK!』 (MV)

 

9.笠原 桃奈 「愛しく苦しいこの夜に」 モーニング娘。

去年は最年少だったにも関わらず、他のチビッコ研修生とは違う落ち着いた雰囲気を見せてくれた笠原ちゃん。この曲、娘。ヲタではない私は知らないのですが、調べたらかつて亀井絵里ちゃんがメインで歌っていた曲のようですね。去年歌った「春 ビューティフルエブリディ」も亀井絵里ちゃんと光井愛佳ちゃんの楽曲です。もしや、フクちゃん以来の強力な亀ヲタ出現・・・・?


愛しく苦しいこの夜に プラチナ編(一瞬かりん)

10.小野田 紗栞 「渡良瀬橋」 森高千里

去年は新人だったにも関わらず、今や研修生の実力メンとして顔を並べている小野田ちゃん。前回はまさかの段原ちゃんと選曲がかぶって実際以上の評価を得られなかった印象がありますが、今回は全出場者中唯一の森高楽曲で勝負。
歌唱力に定評のある彼女ですが、個人的には歌っている時の彼女の表情がとても魅力的だと思います。なんというか、“むきだし”なのです。歌っている時だけに見せる彼女の生命力のキラキラした部分という所に今年も注目したいと思います。


森高千里 『渡良瀬橋』 (PV)

11.米村姫良々 「The 摩天楼 ショー」 モーニング娘。

今回初参加の新人枠。去年の新人に多くみられた“無茶選曲枠”の典型といえましょう。
難易度を考慮せず、単純に好きな曲を選ぶ。実力診断テストという意味においてはまず選曲からしてマイナスかもしれませんが、今年は戦略的に勝負に出てる子が多いので、バランスとしてこういう子がいてくれると癒されるという部分も正直あります。


モーニング娘。- The 摩天楼ショー (Dance Shot Ver.)

 

12.段原 瑠々 「初恋サイダー」 Buono!

言うまでもなく優勝候補の段原ちゃん。
先日彼女も帯同で出演している℃-uteのコンサートに行ってきたのですが、いや~段原ちゃんよかったです。何がよかったかって、「Danceでバコーン!」の「ジャッジャッジャ~」のエアギターの振り。私はあそこの振りに結構個性が出ると思っているので研修生の子もチェックするようにしているのですが、あの振りでピック(を持つ右手)を上空まで上げる子は初めてみました。上げすぎて次の振りに追いついてないくらい高く上げてました。あの瞬間きっと彼女の中では大御所ロックギタリストのスイッチが入っちゃうんでしょうね。こういうふとした所にも、彼女の生まれ持った華、スター性が出ているように感じます。

さらに特筆すべきは選曲。今まで実力診断テストで彼女が歌ったのは「Memory 青春の光」、「GOOD BYE 夏男」、そして今回の「初恋サイダー」です。曲調もグループも時代もバラバラな3曲ですが、ここには大きな共通点があります。
その共通点は、「各時代を代表するハロプロの歌姫がメインを取ったヒット曲」です。
「Memory 青春の光」はハロプロ前史における歌姫・福田明日香、「GOOD BYE 夏男」は松浦亜弥の代表曲、そして「初恋サイダー」はいろんなアイドルグループがやたらカバーで歌うBuono!の代表曲であり、同時に現在のハロプロの歌姫である℃-ute鈴木愛理ちゃんのメイン曲でもあります。少しこじつけかもしれませんが、愛理ちゃんがメインで歌っていて、歌唱力が問われるキラーチューンとなるとこの曲以外にないのではないでしょうか?

この選曲には段原ちゃんの秘めたる強い意志を感じました。「私が次世代のハロプロの歌姫になるんだ」という意志です。実際、イントロ始まりの「キスをあげるよ~」を段原ちゃんが歌うと想像するだけで鳥肌が立ちます。前回無冠だっただけに、初のベストパフォーマンス賞2度受賞に返り咲く可能性は非常に高いです。


Buono! 『初恋サイダー』 (MV)

 

13.堀江 葵月 「Kiss me 愛してる」 ℃-ute

ナイスガールトレイニー出身の筆頭ともいえる彼女。研修生の発表会などでMCをこなすようになっており、しっかりしていて頼れる所が彼女の持ち味です。
パフォーマンス的には前回も書いた通り大人っぽいこなれた表現を得意としています。前回の「シャボン玉」に引き続き今回は「Kiss me愛してる」。全出場者の中でも突出して我が道を貫きとおした選曲です。意気込みでも「私らしさを表現したい」と発言していました。これが「ブレない個性」と取られるか、「ワンパターン」と取られるかは彼女のパフォーマンス次第でしょう。


℃-ute 『Kiss me 愛してる』 (MV)

 

14.仲野 りおん 「ヤッタルチャン」 スマイレージ

はっきりと、今回の台風の目です。
前回の記事に書いたように、今回の出場者の多くが「(去年より)成長した自分」や「(去年とは)違う自分」をアピールする中、仲野りおんちゃんだけは至ってマイペースです。彼女のもつ愛くるしさが最大限に活かされるであろう「ヤッタルチャン」で、会場が盛り上がること間違いなしです。スキルだなんだうるさいハロヲタですが、結局こういうのが大好きなのです(私が)。
意気込みでも「皆さんをヤッタルチャンにできるように頑張ります!」と、どこか他の真面目な研修生たちとは違うノリ。ももちこと嗣永桃子ちゃんを頂点とするプロアイドル志向派閥の若手最有力株はこの子なのかもしれません。


スマイレージ 『ヤッタルチャン』(S/mileage[Yattaruchan]) (MV)

 

15.横川 夢衣 「桃色片想い」 松浦亜弥

 個人的にある意味一番応援している研修生、横川夢衣ちゃん。
彼女の魅力は持ち前の明るさと、いつまで経っても損なわれないフレッシュ感です。実力診断テストはこれで3回目。3回目のメンバーは今回たった5人しかいません。加賀。一岡、段原、井上とそうそうたる面子の中、横川ちゃんだけはどこか異質で、そこがブレない個性として彼女を引き立たせます。
意気込みも実に彼女らしい。「私は何番でもすごく緊張してしまうので、負けないように、可愛くいいパフォーマンスをしていきたいです」と、とても3回目とは思えないフレッシュさ!しかも思いきり関西弁。全出場者の中で方言を全面に出した意気込みコメントをしたのは彼女だけです。そんな彼女に「桃色片想い」はぴったりの楽曲でしょう。
仲野りおんちゃんに続いて横川ちゃんが来るあたり、今年も中野サンプラザでは何かミラクルが起こりそうな気がしてたまりません。


松浦亜弥 – 桃色片想い

16.島野 萌々子 「Crazy 完全な大人」 ℃-ute

ナイスガール研修生出身組の一人、島野ちゃん。他にもれず大人っぽくて落ち着いた雰囲気です。何かのハロプロイベント(DVDマガジン?)でMCを任される場面も出てきています。デビューに近い研修生の一人と言えましょう。

意気込みでは「去年とは違う大人っぽい曲で」と発言している彼女。去年なんだったっけ・・と思って確認したらスマイレージの「スキちゃん」でした。確かに去年とは全く逆方向に行きましたね笑
大人っぽいNGT組は℃-ute曲との相性が好さそうです。期待しています。


℃-ute 『Crazy 完全な大人』 (MV)

17.橋本 渚 「抱いてよ!PLEASE GO ON 」後藤真希

島野ちゃんや堀江ちゃんと同じくNGTあがり組で、中でもセクシーな雰囲気が武器の橋本渚ちゃん。
島野ちゃんの項に書いたように、去年℃-uteの「FOREVER LOVE」を歌ってダンス賞を受賞したりと活躍目覚ましい彼女ですが、今回は自分の持ち味を活かして勝負に出たなって感じです。ソロ後藤真希のダンサブルなセクシー路線をどこまで自分のものに出来るか見ものです!
どうでもいいですが去年も島野ちゃんと橋本ちゃんは続きの歌順でした。


後藤真希 抱いてよ! PLEASE GO ON ’07 歌詞付 フルHD版

18.小野 瑞歩 「ロマンティック 浮かれモード」 松浦亜弥

小野瑞歩ちゃんは今回の意気込み動画で印象に残った子の一人です。多数にみられた「去年より成長した私を見てください」アピールの中でも、とりわけ去年の出来に納得行ってない様子が言葉の端々に伝わってきたからです。「悔いをなくす」「この1年を出し切る」「他の研修生に埋もれないように」と、去年の結果をちゃんと踏まえて今年に挑んでいるということを自分の言葉で表現していました。去年の本番直後のコメントでは「皆は緊張してないと言ってるけど私はすごい緊張した」と言っていましたが、おそらくとても冷静に周りと自分の状況を判断して言葉に変換できる頭の良い子なのでしょう。

そして、そんな意気込みを経て選んだ曲が何かと思ったら、まさかの「ロマンティック浮かれモード」!小野ちゃんの本気をビンビン感じます。ハロヲタにとってはある意味禁じ手とも言えるキラーチューンで、観衆の心にオシオキキボンヌです!!

 


藤本美貴 – ロマンティック 浮かれモード [PV]

19.金津 美月 「インスピレーション!」 モーニング娘。

去年のなんとも初々しいパフォーマンスが印象的だった金津ちゃんは今年が2回目の挑戦です。意気込みコメントからも、去年歌った「君さえ居れば何も要らない」からの振れ幅からも、あまり強い意志というのは感じられませんが、研修生を1年間やり続けている(しかもあの加賀ちゃんとか段原ちゃんと一緒に)というだけで、何かの才能が眠っているんだと思います。その片鱗を今回のテストで存分に探ろうと思っています!


「インスピレーション!」 モーニング娘。

 

20.一岡 伶奈 「ガラスのパンプス」 後藤真希

来ましたいっちゃん!同期の加賀楓ちゃんと人気を二分している彼女です。あくまで私の個人的印象なのですが、いっちゃんヲタは入れ込みの強い方が多いように思います。
加賀ちゃんがクールで男前な魅力ならば、一岡ちゃんはフェミニンでふわっとした魅力を持っています。またバラエティセンスも高いです。

ハロプロには珍しい鉄ヲタキャラの彼女ですが、アイドルでヲタ気質を持っている子というのは総じてお客さんの喜ぶパフォーマンスが分かる後天的才能に恵まれています。自身がヲタなので、ヲタに受ける勘所を知っているのです。

これまでの一岡ちゃんにもそのような才能の片鱗が何度も見え隠れします。たとえば曲のイントロで掛け声を入れるあたかもコンサートのようなあおりスタイルは全研修生の中でも彼女の十八番。今年はシリアスな曲なのでさすがに無いかもしれませんが、観客を沸かせる工夫はどっかに入れてくれるだろうと期待しています。

また意気込みコメントも印象的でした。「今まで以上に歌もダンスも練習したので」と、成長した自分を見て欲しいというアピールにとどまらない観客の期待をあおるコメント。そして「衣装も大人っぽく」と衣装について言及してくれうのもいっちゃんのサービス精神の表れでしょう。実際、「衣装も含めての自己プロデュース力」が命題の実力診断テストにおいて、審査員も観客もどんな衣装を着てくるかはとても楽しみにしているのです。にも関わらず、衣装について意気込みで言及したのは一岡ちゃん(と、わずかに高瀬ちゃん)だけでした。これもヲタ心を分かっているゆえのコメントでしょう。
「最後なのでみなさんの心を動かせるような全力のパフォーマンスをします」と締めた一岡ちゃんですが、一人わずかな時間しか与えられないコメント撮りの中にこれだけ楽しみにさせてくれるキーワードを盛りこんでくれる所が大好きです。

そんな一岡ちゃんの選んだ曲がなんと後藤真希の「ガラスのパンプス」。今回のテストでは島野ちゃんが大人っぽさを出すべく、同じく後藤真希楽曲である「抱いてよPLEASE GO ON!」を選曲していますが、「ガラスのパンプス」に比べたら「抱いてよ~」には青さすら感じさせます。それくらい半端ないセクシー楽曲である「ガラスのパンプス」を、一岡ちゃんがどう料理するのか?いや~もうめちゃくちゃセクシーに踊ってほしいですね!!

 


後藤真希 ガラスのパンプス (2007年)

 

21.清野桃々姫 「冷たい風と片想い」 モーニング娘。

そしてトリは今年イチのダークホースである清野モモヒメちゃん!初参戦です。

既に子役ダンサーとして大活躍したり、グラミー賞アーティストのファレル・ウィリアムスと共演していたりという輝かしい遍歴で一部で騒がれている清野ちゃんですが、初参加にしてトリを引いちゃうあたりも、やはり「持っている」子なのでしょう。

でまた選んだ曲もモーニング娘。の「冷たい風と片思い」。曲調としてはミドルテンポでしっとりしているのでモモヒメちゃんのキャラクターとは合わないんじゃないか?と思ってしまいますが、おそらくダンスに賭けているのであろうことはハロヲタなら察しがつくところであると思います。鞘師里保ちゃんのラストシングルであり、イントロと間奏のソロダンスで息をのむ演技を彼女が残していったこと、そしてそのあとを石田亜祐美ちゃんが見事に受け継いだことまで含めて、娘。ヲタにとって大事な1曲。そこにいきなり切りこんでくるあたり、モモヒメちゃんは実に挑戦的であり、はかりしれない胆力を感じさせてくれます。

意気込みコメント自体に特筆する発言はないのですが、明らかにめっちゃ気合いの入った縦巻きのロール髪、そしてトリということもあってかなぜか唯一後ろで研修生たちがにやにやしながら見守っているアングルであったことなど、大物感を匂わせてくれます。実力診断テストには関係のないことなのですが、他の研修生たちとはうまくやれているのかという所に興味が湧いてしまいました。


モーニング娘。’15『冷たい風と片思い』(Morning Musume。’15[The Cold Wind and Lonely Love]) (Promotion Edit)

 

以上です。ではこれから中野サンプラザへ行ってきま~す!!(^^)

(2016.5.12追記)
結果編↓

 

 

1 Let's say “Hello!”

1 Let’s say “Hello!”

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。